Profile

山下雄平 – YUHEI YAMASHITA -

*1984年10月8日、香川県高松市出身。広島育ち、湘南在住。
やわらかで真っ直ぐな歌声と、情景的な詩で紡がれる楽曲が持ち味のシンガーソングライター。現在までに3枚のシングルと2枚のミニアルバムを発表。

=======

2014年8月:香川・愛媛でのライブを最後に充電期間に入る。
2016年6月:ライブ活動を再開。現在は、音楽グループ『はなほ』のボーカル&ギターとして活動中。

=======

音楽以外の分野でも、舞台(いわたかproduce10周年記念公演(2011/9/23-25)『南東の風 やや強く』にて劇中歌「そのとき風は吹いていた」楽曲提供・雄平役)や、フォトモデル(THANK YOU「フォトグラファーが大事にしている180のことば」(2010/4/16発行)・有限会社雷鳥社)など、多方面で活動。

【Biography】
■2006年6月:テレビ神奈川の音楽番組“YOKOHAMA MUSIC EXPLORER”出演オーディション合格をキッカケに、横浜のライブハウス“BAYSIS”を拠点とし、シンガーソングライターとしての活動を開始。
弾き語りの自主制作CDを販売しながらブッキングライブで場数を踏む。

■2007年12月:神奈川県最強のミュージシャンを決めると題された音楽コンテスト“Yokohama HOOOD!!#7”にて決勝大会に駒を進め、横浜BLITZのステージに立つ。同月、初となるワンマンライブ「声」をホームBAYSISにて開催。

■2008年9月:日本最大規模のインディーズプログラム・FM横浜“YOKOHAMA MUSIC AWARD”番組内リスナー投票により、自身の故郷である瀬戸内の風景をテーマにした楽曲「夕凪」で3ヶ月連続1位を獲得。第23期グランプリに輝く。

■2009年:活動を通じて多くの出会いがあり、音楽プロデューサー・井出コウジ氏主催イベント“弾いて語らNight!”に6月、12月と出演。
年末より長期的な制作期間に突入。

■2010年:先輩アーティスト・サガユウキ氏と共同ツーマンライブ企画「世代闘争」を立ち上げる。2月、「世代闘争 シリーズ1」@横浜BAYSISを開催。
4月、L-breed RECORDSより1st single『紫陽花』、1st mini album『ラムネのような日々のこと』をリリース。
活動の拠点を東京に移し、精力的にライブを行う。また故郷である香川、広島でのワンマンライブやショッピングモールでのインストアライブなど、月に10本ペースの歌って伝える日々を過ごす。
7月には2nd single『青の魔法』を同レーベルより会場限定でリリース。
春と同様に故郷巡業を経て、ワンマンライブ@横浜BAYSISにて千秋楽を迎える。

■2011年6月:2010年下半期~2011年始に掛けて地元・鎌倉で制作した楽曲を中心とした2nd mini album『空の見上げ方』をリリース。
横浜を皮切りに約4ヶ月に亘る初の全国ツアー(北は仙台、南は山口まで)を敢行し、10月には自身最大規模となる会場・渋谷O-WESTにて単独公演「つきのにわ」を開催。(※300名以上を動員)

■2012年:関東一円での細やかなプチツアーを活動の軸とする。
10月にはTOKYO-FM“RADIO DRAGON”に生ゲスト出演を果たし、友人に向けて書いた手紙のような楽曲「サンキューグッデイ」がフルオンエアされる。
同月、約2年ぶりとなる横浜でのワンマンライブ「サンキューグッデイ!」を満員御礼で迎え、翌月には代官山LOOPにて“吉田山田×大石昌良(Sound Schedule)”のオープニングアクトを務める。

■2013年:アレンジャー&鍵盤サポートにツタナオヒコ氏(Support : 藍坊主 etc.)を迎え、ライブ&レコーディングを開始。
3・4月:wacci、タオルズ、ワカバなど良質な共演者との対バンを経験。
5月、RADIO湘南“Palette”にて2nd mini album『空の見上げ方』が今週の一枚に選出され、月~金まで毎日オンエアとなる。
6月、3rd single『古里が聴こえる』を会場限定でリリース。(※後に通販開始)
FM横浜“YOKOHAMA MUSIC AWARD”、TOKYO-FM“RADIO DRAGON”へのゲスト出演、楽曲オンエアを獲得しながら「うたう旅2013“こころのふるさTONE”」で再び各地へと足を運ぶ。
8月、FM横浜“YOKOHAMA MUSIC AWARD”主催“YOKOHAMA MUSIC AWARD SUMMER FES.@山下公園・象の鼻パーク”に出演。
11月、NHK-FM“横浜サウンドクルーズ”にゲスト出演を果たし、弾き語り生演奏を含む全6曲がオンエアされる。同月、活動7年全ての歴史を網羅したセットリストで挑む単独公演「瞬き」をホームである横浜BAYSISにて開催。満員御礼にてその年を締め括る。

■2014年:決定スケジュールを以てソロ活動の充電期間に入ることを発表。
1月、代官山LOOPにて“三浦祐太朗×UNIST”のオープニングアクトを務める。
8月、「瀬戸内しまのわ2014@愛媛・はかた夏まつり」に出演。杉山清貴、ひめキュンフルーツ缶と共演。同月、生まれ故郷・香川県高松市にて「石あかり月あかりライブ2014 at むれ洲崎寺」に4年目となる出演。

■2016年:ライブ活動再開を発表。
6月、横浜BAYSIS10周年記念イベントに出演。共演はaobahitori、in state、full full full。

 

Site Search